一般眼科診療・花粉症・ドライアイ・アレルギー性結膜炎・白内障・緑内障・眼精疲労・糖尿病網膜症・コンタクトレンズ・メガネ処

  • 03-3688-3688
    東京メトロ東西線 葛西駅より徒歩3分
葛西の眼科 あおば眼科 一般診療・コンタクトレンズ処方他

あおば眼科のご紹介

あおば眼科のご紹介

平成17年5月より東西線 葛西駅より徒歩3分の場所に「あおば眼科」を開院しました。

診療案内

あおば眼科では、一般眼科診療(ドライアイ・アレルギー性結膜炎・白内障・緑内障・眼精疲労・糖尿病網膜症)を始め、お子様の近視・乱視・遠視やコンタクトレンズ、メガネ処方など幅広く診療を行っております。

眼科専門医による診療

日本眼科学会認定眼科専門医として、25年以上に渡り眼科医療に携わってきた院長による診療が私たちの信頼の証です。

最善の眼科医療のご提供

私たちは皆さまの目の健康を第一に考え、眼科医療で最善の治療とケアをご提供することをお約束します。

コンタクトレンズ・メガネ処方

あおば眼科では、皆さま1人ひとりの日常生活に合った最適なコンタクトレンズ・メガネ処方をさせていただきます。

メガネの処方

お子さまの遠視や近視、乱視によるメガネ処方から遠近両用メガネの処方まで最適な度数で処方をいたします。

初めてコンタクトレンズをご希望の方へ

初めてコンタクトレンズをご希望の際には、検査・診察・装用練習を含め時間を要しますので受付終了1時間前にはご来院をお願いします。

日本眼科学会認定眼科専門医として眼科医療に携わって25年以上

日本眼科学会認定眼科専門医として、25年以上に渡り眼科医療に携わってきた院長による診療が私たちの信頼の証です。

ご連絡先

葛西のあおば眼科 (東京メトロ東西線 葛西駅より徒歩3分)
03-3688-3688
午前 9:00~12:30、午後 14:30~18:30(午後 14:00~16:00 土曜日のみ)

最新記事

最新情報

葛西のあおば眼科よりお届けする最新情報です

  1. 2021年11月21日

    診療スケジュール更新のご案内

  2. 2021年8月23日

    自覚症状のない高血圧、糖尿病について

  3. 2021年7月10日

    コンタクトレンズによるトラブル!

  4. 2021年6月5日

    老眼が進まない方法はあるの!?

  5. 2021年5月22日

    ものもらいは切開が必要なのか?

目に関する症状Q&A(New)

皆さまからの素朴な目に関する疑問・質問にお答えするQ&A集を作成しました。皆さまのお役にたてば幸いです。

ものもらいで、1日3回しっかり目薬を付けていますが数日経っても治りません。大丈夫か心配です。
ものもらいも程度によっては点眼だけでなく飲み薬が必要になるケースがあります。
点眼回数も1日6回程度必要な場合もあります。
ものもらいができている場所や程度によって治療方針は変わってきますので、治りが遅いと感じた際には、お気軽にご相談ください。
視界の中にゴミのようなものが動いて見える(飛蚊症)で眼科に来ましたが、特に問題もなく治療の必要もないと言われました。大丈夫か心配です。
飛蚊症の多くは、目の中にできた生理的な(加齢による)濁りが原因です。
これは、点眼薬や内服を続けても無くなるわけではありません。
多くは段々小さくなって1回視界から消えます。その後、時々同じようなものが現れるという経過をたどります。
治せるものでも、治す必要があるものでもありません。
ただ1つ注意するのは、もし、その飛蚊症がひどくなったり、また、ゴミのようなものが大きな影になったりなど、あきらかに変化が生じたときはこの限りではありませんので、早急に眼科で精密検査を受けてください。
花粉症でかゆくてこすっていたら酷くまぶたが腫れて痛みだしました。どうすれば良いでしょうか?
良くあるのですが、花粉症で擦ったときにまぶたが感染を起こして、いわゆるものもらいを併発してしまうことがあります。
この場合は、ものもらいの目薬と飲み薬を処方しますが、気をつけなければいけないのは、花粉症の目薬の中には、ものもらいを悪化させてしまうものもありますので、早めに眼科専門医のアドバイスを受けるようにしてください。
花粉症で目もかゆいのですが、鼻水も止まりません。お鼻の薬も処方してもらえますか?
もちろん、当院では鼻のお薬も同時に処方できます。お気軽にお尋ね下さい。
子供が小児科でもらった花粉症の目薬をつけていますが、かゆみが治まりません。
やはり、お子さま一人一人で花粉症の状態や炎症などは違いますので、それに見合った薬をいくつか組合わせて使わないとなかなかかゆみは治まりません。
早めに眼科での処方をおすすめします。